晴猫雨読

晴れの日には猫を追いかけ 雨の日には書に親しむ
「セイビョウウドク」な日々
<< 東と西の語る 日本の歴史 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
忘れられた日本人
 宮本常一 著 岩波文庫 84年5月発行

上司に借りた本第三弾(笑)。
宮本常一の名前は勿論知ってはいたが、手にとって読んでみようと思ったことはなかった。
「民俗学」、興味がないわけではないが何故か今まで縁がなかった。ジツのところ柳田国男すら読んだことがないのだ。
初めて読んだ民俗学の本。
これがもう抜群の面白さであった。

著者が昭和14年から27年ごろにかけて日本各地を歩き、農民・老人からの聴き取り調査を行ったものを昭和35年に出版したもの。
貧しく生まれた村から殆ど出ることもなく一生を終えるような人々の暮らしや、土地の伝聞。
著者が書き残さねば、間違いなく「忘れられた」であろう無名の人々の、現在とは全く違う日本人の暮らしが生き生きと描かれている。これこそが「民俗学」なのだな、と思った。

どれもみな面白いのだが、とりわけ「土佐源氏」は圧巻である。
網野善彦氏の解説によれば創作と疑われたとあるが、それもむべなるかな、本家「源氏物語」よりはるかに面白いと思った。
土佐の橋の下に住む80をはるかに越す盲いた乞食の女性遍歴。「人を騙すことと女をかまうことしかしてこなかった」という馬喰が「あんたほんとに女にほれたことがありなさるか」と問いかけてからの語りは物悲しく胸打たれる。
盲目の乞食に身を窶しても、どんな人にも生きる価値はある、誰にも人生という物語があるのだ、と感じた。

何時間も何日も全員が納得できるまで話し合う、寄り合い。そこんは意識せざる民主主義がある。
夜を徹して、時にカラダをかけて行う歌合戦。
田植えをしながらの女たちの「エロ話」。
業病を持つものが人里を避け山道を歩く、「盗人の通る道もあるのだから、カッタイ病の通る道もあるでしょう」と語る老婆。

また、昔の農村では「夜這い」が日常的に行われていたことも記されている。「性」がタブーではなく、奔放であったようである。結婚前の男女が交わることは普通に行われていたならば、結婚まで「貞節」「純潔」を守るという観念は一体いつのものだったのか?

宮本氏の独特の考えだろうか、ユニークだと思ったのは「文字を持たない伝承者は耳から聞いたことをそのまま覚え内容を変更しようとはしないが、文字を持つ伝承者は、耳で聞いただけでなく文字で読んだ知識が混入して伝承に訂正が加えられる」という説だ。
多くの人からの聴き取りを重ねた著者の偽らざる実感なのだろう。
これは「情報」が氾濫する現代に敷衍してあてはめることができる。“メディアリテラシー”を身につけていなけれあば、あふれる情報をつぎはぎに頭に仕入れ正確なことは何もわからない。いささか牽強付会にすぎる解釈だろうか。

私は「昔の日本(日本人)はよかった」的理論には全く与しないのだが、しかしこの本には間違いなく、現代を生きるわれわれが失った日本人の姿がある。

| sirome | 読了記 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - | pookmark |

ドゥテイだった俺ってむしろ勝ち組だったのなwww

エ ロ い お 姉 さ んに初 体 験させてもらうだけでも最高なのに
報 酬に20万もらって、こりゃ言うことねぇな!( ̄∀ ̄*)
風 俗とかで捨てなくてマジでよかったwwwww
http://8l9i6fr.photo.bin-radish.info/8l9i6fr/
| アジャ公 | 2011/05/04 9:36 AM |

セ レ ヴ リ テ ィ な 巨 乳ちゃんに買ってもらったwwwww

パ イ ズ リとかしてもらって4回ほどヌいてもらったんだが
突然12万も渡されて、マジで腰抜けるかとオモタwwwwww

つか「1 回 3 万 = 1 発 3 万」ってことなのなwwww
住む世界のレヴェルが違いすぎるぜ。。。( ̄▽ ̄;)
http://jybhsia.money.gandam.org/jybhsia/
| 佐々木 | 2011/06/13 11:25 PM |









http://sirome.jugem.jp/trackback/340
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ いらっしゃ〜い♪
ブログパーツUL5
+ Information


Berry父さんの写真展です
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE